Home / FUN / ガンバ大阪戦、中村俊輔の芸術的フリーキックに隠された秘密

ガンバ大阪戦、中村俊輔の芸術的フリーキックに隠された秘密



J1・1st第5節、ガンバ大阪vs横浜F.マリノス。前半11分、喜田拓也がファウルを受け、マリノスにフリーキックが与えられた。


右足「ねーねー、左足お兄ちゃん」

左足「どうしたの、右足。今すっごく大事な場面だよ?調子悪いの?」

右足「僕ね、前から気になってることがあるんだ」

左足「なになに?言ってみてよ」

右足「俊輔さんってさ、サッカーのとき左足ばっかり使ってない?」


ボールをセットしたのはフリーキックの名手・中村俊輔。ゴールまでの距離は25mといったところか。


左足「うん、そうだね。なんてったって俊輔さんは左利きだからね」

右足「やっぱり?やっぱそうなんだ…」

左足「俊輔さんの左足は世界でも高く評価されているんだ。この前もフリーキック決めたでしょ?」

右足「うえぇぇぇぇぇぇぇん」

左足「ど、どうしたんだよ右足」


俊輔はキックモーションに入った。しかしインパクトの瞬間に軸足を滑らしてしまい、シュートはゴールの遥か左に逸れた。


右足「だってさ!それってさ!左足お兄ちゃんは凄くて、僕は全然ダメってことでしょ!だから使われないんでしょ!僕、悲しいよ…。うえぇぇぇぇぇぇぇん」

左足「い、いや、そういうわけではないと思うよ?ほら、右足がそんなこと言ってるから俊輔さんが滑ったじゃないか!」


ミスを悔やむ俊輔に、中澤佑二が声をかけに行く。


中澤の髪「よ!兄弟!」

左足「中澤さんの髪さん!」

右足「僕よりもほんの一瞬先に生まれただけなのに、どうして兄ちゃんはすごくて、僕はダメなんだろう」

 

中澤の髪「どうしたんだ右足」

 

左足「俊輔さんが俺ばっかり使うからって、自分はダメなやつだとか言って泣いてるんだよ。慰めてやってくれない?」

中澤の髪「なるほど。そういう年頃だからな。まあ気持ちはわからないでもない。俺も小さい頃はおでこに嫉妬してたよ。ボールに触れるのはあいつばかりで、俺はいつも汗や砂や芝にまみれているからな」

左足「髪さんも大変だなぁ」

中澤の髪「まあな。それよりも右足、ちょっと考えてみるんだ」

右足「なにを?」

中澤の髪「俊輔さんが左足でボールを蹴るとき、お前は何をしている?」

右足「…。なにもしてない…」

中澤の髪「いや、違うぞ。思い出すんだ。俊輔さんが蹴るとき、お前はいつもボールの横にいるじゃないか」

右足「…。そうだったね…。僕はただの軸足さ…」

中澤の髪「お前は軸足の重要性をわかっていないようだな。いいか?軸足がちゃんと働かなければ、ボールを正確に蹴ることはできないんだ。蹴る足ばかりに目がいくが、本当に大事なのは反対の足なんだよ」

右足「えっ」


中澤が俊輔の元を離れる。もちろん髪も中澤についていく。

右足「中澤さんの髪さん行っちゃったね」

左足「髪さんの言った通りだよ。さっき俊輔さんが滑ったのは、右足がしっかりしてなかったからでしょ?ということはさ、右足が頑張ればさ、俊輔さんもいいキックが蹴れるんだよ」

右足「そ、そうかな…」

左足「絶対そうだって!俊輔さんがいままでフリーキックを決められたのは、右足が頑張ってたからだよ!すごいじゃん!」

右足「お兄ちゃんありがとう。少し自信になったよ」

左足「よし、次のフリーキックは二人で全力で俊輔さんをサポートしよう!」

右足「うん!」

 
前半40分、マルティノスが倒され、またもマリノスにフリーキックが与えられた。角度は違うものの、距離は先ほどと同じようなものだ。


 
左足「ほら、チャンスきたよ」


右足「よし!」

左足「集中だよ、集中!」


中村俊輔がボールをセットし、助走をとる。


右足「僕、俊輔さんのために踏ん張るよ!」

左足「任せたよ!こっちも準備万端!」


俊輔が軸足を踏み込む。


右足「うおぉぉぉぉぉぉぉぉ」


左足がボールを捉える。


左足「やぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」


中村俊輔の左足から放たれたボールは、東口順昭の左手をかすめ、ゴールネットに突き刺さった。

 


東口の左手「痛っ」

 

おしまい

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

About jmutouhasou

jmutouhasou
無党派層:「Jリーグ無党派層のブログ」を運営する新米ブロガー。プロデビュー戦でレオ・シルバと互角に渡り合う小林祐介を見て以来、Jリーグの魅力にどっぷり浸かっている。

Check Also

21世紀 佐藤と鈴木のJリーグ史

こんにちは、tkqです。 J1 …