Home / FUN / 【イケメン強し】GWでチェックしよう!4月に読まれた記事まとめ

【イケメン強し】GWでチェックしよう!4月に読まれた記事まとめ

みなさん、GWはいかがお過ごしでしょうか? DEAR Magazine 編集部です。

お休みを満喫されている方も、激戦の傷を癒している企業戦士の方々も、いや戦士には休息などいらぬという方も、この期間中に見逃した記事を再チェックしよう!4月に読まれた記事をお届けします!

 
1.サッカー全く知らないOLが選んだ、イケメンプレーヤー 2016 – J2編

 
やはりイケメンは強し。どれだけ女の子の気持ちになって書いても女の子にはなれない、それならほんとのイケメンなんてわかるわけない…。そんなジレンマを抱えた筆者が「J2って何だっけ?」というOLたちにイケメンを選んでもらっています!

J1編もどうぞ!

 

2.拝啓 Jリーグ様。〜Jリーグ見ない系女子が考えていること〜

 
先月配信されたにも関わらず、根強く読まれています。Jリーグをこよなく愛する女性サポーターが、自身の周りのサッカーに興味のない女性や、自身が興味がなかったころの心理を客観的に綴ってくれています。サポーターってなんでしょう?難しいようで、とてもシンプルなことかもしれません。

 

3.応援を「科学」する。サポーターが選手にできること

 
感情論、精神論になりやすいサポーター論。正解はないものの、応援というものが客観的に考察されることはあまり多くはないのではないでしょうか。「応援を科学する」と題して、応援を研究論文などをもとに考察する、というアプローチに試みています。

 

4. 将棋とサッカー。羽生善治とペップ・グアルディオラ。天才と天才。

 
将棋の革命児とサッカーの革命児。二人の天才の言葉から考える、二人の共通点とは?

 

5.【新歓】もうサークル決めた?サッカーでキャンパスライフを彩れ! 

 
ウェーイ!新生活!これからはじまるキャンパスライフは、何にも代えがたい青春のモラトリアム輝かしい1ページ。そんな1ページにJリーグとの青春を綴る大学生たちがいる。Jリーグを応援する関東圏の大学生対象のインカレサークル、「Tokyo Football University(通称TFU)」の代表の大学生に話を聞きました。

 

ここからは編集部ピックアップ記事を3つ紹介! 

イングランドの片田舎、番狂わせを起こし続ける「奇跡のクラブ」

 
所属は9部のアマチュアリーグ。にも関わらず、惜しみないサポーターの愛情を受け、とうとうフットボールの聖地ウェンブリーまで駆け上がった「奇跡のサッカークラブ」が存在する。観客数が100人に満たないこともざらな9部リーグで、平均観客数は2000人超え、かつては「イングランド史上最大のジャイアントキリング」と語り継がれる奇跡を起こしたクラブ。

 

【インフォグラフィックス】アジア各国リーグ、外国人選手比較

 
前回のアジア各国リーグの日程比較に続き、今回はアジア各国の外国籍選手の傾向について眺めてみました。そして、ビジュアルをすこしわかりやすくするため、インフォグラフィックスも取り入れています。すると、Jリーグではビッグネームがフィットせず帰国というイメージがありますが、外国人選手全体でいうと逆の結果になるなど、意外な事実が隠れていました。

アジア各国リーグの日程比較もどうぞ!

 

ガンバ大阪戦、中村俊輔の芸術的フリーキックに隠された秘密

 
J1・1st第5節、ガンバ大阪vs横浜F.マリノス、中村俊輔が決めた鮮やかなFKの裏には、誰にも語られることのないストーリーがあった。

 

それではみなさま、ハッピーゴールデンウィーク!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

About DEAR Magazine

DEAR Magazine
DEAR Magazine編集部:Jリーグはじめ、日本のコンテンツをメインに、カルチャー、ビジネス、ローカルやひと、サッカーからはじまるあらゆるストーリーを横断的に発信します。日本サッカーをグロー バルコンテンツに押し上げ、サッカーを生活の様々な隙間に根をはる存在にしたい。「サッカーがあなたの文化になる日」のきっかけを目指す、フットボールカルチャーマガジンです。順次多言語対応予定。

Check Also

サポーターが勝手に選ぶ、2016年国内サッカー7大ニュース

 Jリーグ界隈では今年も楽しい …