Home / DEAR / 全国のサッカーファミリーの皆さんへ。熊本のサッカーファンより「わたしたちのいま」

全国のサッカーファミリーの皆さんへ。熊本のサッカーファンより「わたしたちのいま」

拝啓

 シーズンも中盤に差し掛かり激しさが増してきた今日この頃、全国のサッカーファミリーの皆さんいかがお過ごしでしょうか。私は熊本在住の高菜と申します。ロアッソ熊本のサポーターをしています。

 熊本ということで当然ながらこの話になるのですが、先の震災により熊本各地大きな被害を受けました。私自身も被災者となり、しばらくは避難所生活を余儀なくされたものの、今は自宅へと帰ることができ、日に日に日常を取り戻す毎日です。

 過去、色々な災害がありました。

 私自身、被災地或いは被災者になってみて初めて分かることだらけで、過去被災された地域や方々に対して改めてお見舞いを申し上げると共に、今後協力し合っていくことが出来たらと思う所存です。

 さて、私が応援しているロアッソ熊本は、地震後にリーグ戦を離れ、1ヶ月のブランクを経て、ちょうど1ヶ月前の5月15日、奇しくもJリーグ誕生の日に、Jリーグへ復帰する事が出来ました。

 リーグ戦に参加出来ない間、選手たちは巻選手を中心にボランティア活動に勤しみ、私自身も巻選手のプロジェクトに賛同し物資を避難所に運んだりしました。物資保管倉庫には物資と共に届けられた多くのサッカーファミリーからのメッセージが貼られ、そして、荷積みをしている最中にも次から次へと遠いところから自家用車で物資を運んでこられる方もおられ胸が熱くなりました。

 フクダ電子アリーナで迎えた復帰戦、まだ満足に日常を取り戻していない選手も居る中でのリスタートでしたが、前に進んでいるんだという思いでした。

 私は残念ながら現地参戦することが叶いませんでした。しかしBSで全国ネットされるということもあり、知人とパブリックビューイングを企画しSNS等で募ったところ、同様に駆けつけることのできなかった80人程の仲間が集まってくれました。

 ただ、家が全壊し来る事がままならない仲間も居ました。

 また、避難所から来たという仲間も居ました。

 それぞれの現状に差があるということを改めて感じましたし、皆が様々な感情を、これまで胸に抱えてきました。恐怖やもどかしさ、悔しさや悲しみ、そして安堵や使命感やなど、メディアの方々に聞かれても、それらはとても複雑でなかなか一言では言い表せないモノでした。ですが、感謝という気持ちは常に大きく存在しています。そしてこの日を迎えられたことの嬉しさとが相まって、試合終了の頃には綺麗な緑のピッチを駆ける赤い選手たちの背番号は涙で滲んで見えなくなっていきました。

 復帰戦の結果自体は残念なものになりました。ですが、試合終了後に千葉の選手たちは自分たちのホームであるにも関わらず、先にアウェイ熊本のサポーターへ挨拶をし、千葉のサポーターは何度も何度もロアッソ熊本コールをしてくれたことに、大きな感謝の念と、この二度と経験出来ないような空間を羨ましく思えたりもしました。

 この復帰戦を含め、全国のサッカーファミリーの皆さんには本当に様々な支援を頂いています。

 全国にサッカークラブが、サッカーファミリーがあることを強く実感しています。震災後から皆さんへの感謝の気持ちを忘れたことはありません。感謝の気持ちがあったからこそ、皆さんにその気持ちを伝え、またいつかお返しが出来るようにと色々頑張れた部分が少なからずありました。そしてそれはこれからも頑張るエネルギーとなると思います。

 熊本のランドマークである熊本城の復旧には20年程掛かるのではとの試算が出て驚きました。基本的なインフラは復旧しつつあるものの、爪痕は熊本県下に広がり地域によっては相当なダメージを受け経済的に厳しい状況にあります。

 ロアッソを支えるスポンサーはほぼ全て地場の企業であり、マーケットも地場が中心です。J2の小さなクラブである私たちは来シーズン以降を非常に心配をしております。

 これから少しずつメディアの扱いは減っていくと思われますが、これからロアッソも熊本も頑張っていきます。

 ホームスタジアムのうまスタが復活したら、どうか皆さん熊本に遊びに来て下さい。美味しいものを沢山食べて下さい。美味しいお酒を沢山飲んで下さい。綺麗な水を堪能して下さい。

 全国のサッカーファミリーの皆さんを、熊本全てでお待ちしております。

敬具

 

次ページ:”あの日”駆けつけられなかったあなたと、”これから”を創るわたしたちへ(2/2)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

About takana

takana
高菜:ロアッソ熊本サポーター(♂)。熊本県出身および在住。データで分析する系のブログを始めるものの最近はデータサイトが豊富になってきておりネタが無い模様。というよりめんd・・・なんさまたいぎゃなJリーグが好いとっと!(※とにかくとてもJリーグが好きなんです!)

Check Also

キラキラ女子だけが女に非ず!私はこうしてJリーグ沼に落ちた

Jリーグのマーケティングの話題 …