Home / DEAR / サッカー特別好きじゃない僕が、スタジアムに行き続ける理由

サッカー特別好きじゃない僕が、スタジアムに行き続ける理由


 こんにちは。ジェフユナイテッド市原・千葉サポーターのINUUNITED(@inuunited)です。自分のブログから飛び出し、DEAR Magazineさんで文章を書かせていただきます。よろしくお願いします。

サポーターみんながサッカー好きだと思うなよ!

 
 いきなりですが、僕、サッカーが特別好きなわけじゃないんです…。いや、めちゃくちゃ曲がるフリーキックとか、長い距離走るカウンターとか、かっこいいプレーは観れば興奮しますよ。ただ、例えばバルセロナ対レアルマドリードとかの試合を喜んで観るかっていうと、観ません。圧倒的にレベルは高いんでしょうが、僕が求めてるのはそこじゃない。


 じゃあなんでここまでジェフを応援するのか?それは「サッカーそのもの」よりも、「サッカーにくっついてくるさまざまな要素」。サッカーを通じて、
大勢の人たちと同じ気持ちや体験を「共有」することがサッカー観戦をするときの一番の楽しみだからです。

勝ち負けにこだわってたら、サポーターなんてやってない

 
「でも、J2でしょ?」


 知り合いと話していてよく言われることです。「ジェフは弱いから」「オシムの頃は応援してたんだけど」とも。普通は強いクラブを応援したいし、クラブが勝つところが見たい。そして一般的尺度で言えば、
ジェフは弱い。

J2での通算勝率は4割強だから、半分以上の確率で勝ち試合が見れない。ホームの試合で、となるとさらに下がってくるわけです。有名な選手も多くないし、観客を沸かせるバルセロナのようなサッカーをするわけでもない。


 でも僕はジェフがJ2に降格してからサポーターになりました。強かった時代は全く知りません。これから強くなってくれれば嬉しいけど、強くならなくても応援をやめることはない。僕にとってはあまり関係ないからです。


 そもそも、強さにこだわるならジェフなんか応援してません。ストレスがたまるだけだからです(ごめんなさい!)。もちろん選手もスタッフもサポーターも、勝つために最善を尽くします。でも現実的には勝てない試合のほうが多いわけで、
勝ち負け以外の部分に面白さが欲しい。わざわざ辛い気持ちになるためだけに貴重な休日を潰す意味はないですよね?


 試合を観に行ったら、チケット代や時間という投資に見合った分は楽しんで帰りたいんです。そうじゃなきゃ娯楽としては欠陥品だと思うので。今のところ、ジェフが勝ったらもちろん楽しいし、ボロクソに負けても行って良かったと感じることができてます。

 (サポーターは娯楽とかじゃねえんだよふざけたことぬかしてんじゃねえ!って方に対しては、僕みたいなのが存在してて申し訳ありませんとしか言いようがないのでどうぞ石を投げつけてください。全部避けます!)

人目をはばからず「千葉!」と叫べる場所は、ここにしかない


 じゃあ僕がジェフの勝ち負けに関らず満足感を得られるのはなぜなのか?一つは
サッカーを通して、自分が生まれ育った地元への愛情を表現することができるからです。目の前で行われている地元のチームの試合に一喜一憂し、歌い、手を振り上げることで得られる高揚感。そして僕が特に好きなのが”千葉コール”です。


 千葉の人って普段、「千葉にはなんもねえからな…。ディズニーリゾートも幕張メッセも”東京”だし…」なんて自虐で言うこと多いんです。でも「東京、神奈川(横浜)に続く3番手は千葉だ!(埼玉じゃねぇ!)」って意識は結構強い。普段からおおっぴらにすることはないんだけど、地元に対する愛情は意外にあったりする。


 もっと言えば、その愛情を表現する場所を探してる。その場所としてジェフの試合は僕にとって最適でした。1試合につき50回はみんなで「ちば!」って叫びますから。むしろ人生で他に「ちば!」って叫んだことないですわ。THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのライブ観に行ってたら叫んでたかな……


 千葉コールのためにチケット代の半分くらいは払ってると言っても過言ではない。自分がいる好きな場所の名前を数千人と一緒に叫ぶのは最高に気持ちいいのです。その中には千葉に住んでない人もたくさんいますけど、むしろそれが最高。千葉の人じゃないけど千葉を好きになってくれてる(多分)んだもん。超嬉しいじゃん。


 プロ野球の千葉ロッテマリーンズやバスケットボールの千葉ジェッツも観に行ったことあるんですけど、”千葉”の感覚はやっぱりジェフが圧倒的に強かった。
ロッテは2016年は「ALL for CHIBA」っていうイベントデーが12試合開催されるし、ジェッツはBリーグの開幕を控えて今後もっと地域色が出てくると思うので、どちらも応援しに行こうと思ってます。

 

チケット代の価値は90分間だけのものではない


 もう一つの大きな理由は、
選手がプレーする90分間以外にもチケット代の価値があるからです一緒に試合を観に行った人やスタジアムで出会った方たちと、あの選手が活躍したね、次はこの選手に頑張ってもらいたい、あのシーンはこうだったって試合後に盛り上がれる。1人で行ったとしても、体験をいまはネット上で「共有」することができる。僕がブログやSNSにジェフのことを書いてるのは全部「体験の共有」です。するとそこからまた新しい繋がりや出会いが生まれる。


 僕たちが払っているチケット代は、実はただ試合を観る権利を得るためだけのものではないんです。スタジアムでの何千人、何万人との体験を、試合終了の笛が鳴ったあとも「共有」して、さらに新しい体験をするチャンスを得るためのものでもあるんですよ!


 試合のない日ももちろんクラブは休んでるわけじゃない。今日は選手がこんな練習してたとか、地域活動やイベントの情報、新しいスポンサーがついたとか、毎日クラブに関する何かしらの話題がある。それらについてSNSでくっちゃべってれば、すぐにまた次の試合がやってくる。つまり、
1試合分のチケット代で、次の試合までの1週間も楽しむことができるわけです。ああ、なんて素敵なことだろう!

 

サッカー興味なくても、スタジアムに一回行ってみるのもアリ


 サッカーの試合って何もサッカーの試合を観るためだけのものではありません。試合はみんなで盛り上がる。勝てば、喜び合えばいい。負ければ、慰めあえばいい。他者との共有とそこからはじまる新しい体験が、僕にとって途方もなく魅力的なのです。にわかだってなんだっていいんです。あんまりサッカーに興味がなくても、これってすごくワクワクしませんか?

 

Photos by Inuunited


About Inuunited

Inuunited
いぬゆな: ジェフユナイテッド市原・千葉サポーター。「あんまり他のサポーターが書かないことを書こう」と思ってブログを始めたらそこそこヒット。そこそこの文章量とそこそこの文章力には定評がある。

Check Also

店を構えて半世紀。ジェフ千葉ファンの胃袋満たし続ける中華料理店「なかむら」

JR蘇我駅から、ジェフユナイテ …