Home / DEAR / 【原曲&歌詞付き】サポーターが教える清水エスパルスチャントまとめ

【原曲&歌詞付き】サポーターが教える清水エスパルスチャントまとめ

「清水エスパルス」のチャント(応援歌)というとサンバが有名なのですが、実のところチームチャントのバリエーションが多かったりします。ポルトガル語だったりするので、「何て言ってんの?」というものもいくつかあります。

なので、私なりに、初めてエスパルスのチャントに触れる方向けに、覚えやすい・かつエスパルスのチャントならこれは知っておいてほしいものをピックアップしてみました。 

雷神

 

 エスパルスのホームでの選手入場曲は雷鳴のような鳴り響きのイントロから始まる音楽です。これをゲーフラとか、タオルマフラーとか、コレオとかしながら皆で歌います。

スタジアムで聞くとそれまでの準備をしていた自分たちが臨戦態勢になるというか、気持ちが引き締まります。

歌についてはメロディーラインをオオオー♪と追いかけるだけなのでとっても分かりやすいです。 

グリコ

 

オレ オレ オレオレ ** ×7
オレ! オレ! オレ! 清水エスパ(ルス)!
オレ! オレ! オレ! 清水エスパ(ルス)!

 清水エスパルスのチャントといったらこれと言われることNo1。違うチームのサポーターさんも大人も子供も覚えて帰って頭から離れられない曲です。

そのためアウェーに清水サポが来てるのを見て、気づいたら振り付けを踊っていた……なんてこともよく耳にしますね。このチャントはエスパルス黎明期からずっと歌っています。

ちなみに、昔日本平で代表戦をした時にはグリコをやって長谷部選手が反応していたこともあったり。

手を上げ下げしながらやるんですが簡単な振りつけなのですぐ覚えられます。

(原曲)

 元ネタはエスパルスのスポンサー企業であるグリコのCM「カフェオーレ」から。昔からCMにエスパルスの選手を起用してもらったりと頭が上がらない限りです。

 

ゴールコール

 

決めろよ 決めろよ
ゴー(ル)! ゴー(ル)!

 CK、FKなどでやるチャントですが、本当にチャンスのときのゾクゾク感が半端ない一曲。

ポイントは「決めろよ決めろよ」というコール。ゴール!だけではなくて“さぁお前やってやれ!”っていうような気持ちが込められているので皆手を拳に(掌に)込めて一斉にやる様は見事だと思います。

とってもシンプルな動きですが、最初のリズムからの上っていく流れはやっていて気持ちが良いです。 

ドドンヘイ

 

ヘーイ! ヘーイ! ヘイ! ヘイ! ヘイヘイヘイ!
オーレー オレオレオレー エスパー(ルス) エスパー(ルス)

 昔サッカーの応援歌っていうとこれのイメージがあったんですが……得点すると歌われるチャントです。勝利の時もこれを皆で歌います。手拍子をするとき皆大体満面の笑み。負けてる時は「さぁ次だ!」って鼓舞するように。迫力があるものです。ちなみに私は「ドドンヘイ」という名前だったのをこの記事書いてる時に知りました(笑)

(原曲)

 元ネタはTHE FANSの「Olé, Olé, Olé(THE NAME OF THE GAME)」。

93年の日本代表公認応援歌だったり、Jリーグの中継曲でもあったりする曲なので聞き馴染みもある方が多いのではないでしょうか。 

勝ちロコ

 

ローコー ロコロコロコロコー メウ カンピオン オレ!
ローコー ロコロコロコロコー インデペンデンテ!
ローコー ロコロコロコロコー メウ カンピオン オレ!
ローコー ロコロコロコロコー インデペンデンテ!
手拍子+ヘイ!

 2008年からやるようになった勝利のチャント。勝利のラインダンスってどこが発祥なのかはわからないですが、この「勝ちロコ」についてはエスパルスのトップチームがやる→ユースがやる→相手にあたった他の高校等が影響を受ける。みたいなかんじで、高校サッカー等でもいろんな学校が勝って勝ちロコやってるのを見かけます。

なお、勝ちロコじゃなくて試合中にやるやつは「ロコロコ」で普通に飛び跳ねて同じチャントを歌っています。

 

ぶっちゃけロコロコ覚えておけばオッケーで後ろのは何となく誰かが言ってる感じ。自分が言えたらより楽しいけど無理して覚えなくてもいいと思います。

(原曲)

元ネタはサンパウロFCのチャントから。

 

 ということで、エスパルスのチャントの一部をご紹介させていただきました。

これ以外にもクラップだけだったり、ポルトガル語だったり、または聞き馴染みのあるJ-POPだったりと時代に合わせてエスパルスのチャントもバリエーションが増えています。

「キー音があまりにも低くて出だし唄えねえよ!」と女子サポ・子どもサポが涙目になりながらも結局楽しく歌えちゃうチャントなどなど……今回伝えきれなかったものも盛り沢山です。ポルトガル語が難しいと自分が苦戦してた横で絶対意味分かってないだろうけどノリノリで子どもが唄えちゃう!なんて現場があるあるなのがエスパルスです。

自然と体が踊り出す、自然と口ずさむ、うっかり頭に残るようなチャントが一つでもあったら嬉しい限りです。そして気になったら是非お気軽にスタジアムへどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

About setsuna

setsuna
せつな:親の影響で気づいたらチャントを歌ってた清水エスパルスのサポーター。ホームがアウェイレベルに遠いけど、自分のできる範囲で楽しんでます。常にゆるく、楽しく。 食べ歩きをしたり、旅行したり、二次元も三次元も楽しんだり、毎日が楽しい今日このごろです。

Check Also

サガン鳥栖移籍が決定。ビクトル・イバルボのここを見ろ

サガン鳥栖移籍が決定したビクト …