Home / DEAR / 「富士山と海が見えるスタジアム」/僕らのスタジアム自慢 ~IAIスタジアム日本平(清水エスパルス)~

「富士山と海が見えるスタジアム」/僕らのスタジアム自慢 ~IAIスタジアム日本平(清水エスパルス)~

 清水エスパルスのホームスタジアム「IAIスタジアム日本平」(以下アイスタ)。新しいスタジアム建設の話なんかも色々上がっていたりもする清水エスパルスですが、アイスタはベストピッチ賞に輝き続けるホームスタジアムです。

もともとは平成3年6月に「サッカーのまち清水」のシンボル的競技施設としてつくられ、今の状態スタジアムとして完成したのは平成7年3月と長い歴史があります。そんなアイスタの良さをエスパルスサポーターのひとりとしてご紹介していきます!

 

本当に近い!サッカー専用スタジアム

 

 アイスタは一番最初、静岡県で行われた全国高等学校総合体育大会サッカー競技のメイン会場として使用されるために作られました。サッカーのためのスタジアム。ゴール裏で見ても近く、メイン・バックスタンドで見たら選手の声がガンガン聞こえてくるレベルの近さです。

その近さについては昔、岩下敬輔選手(現・ガンバ大阪)が「皆さんの声、僕らマジで聞こえてますから!」とファン感謝デーでいうくらい。

 ちなみに、2014年日本代表公式応援ソングのウカスカジーによる「勝利の笑みを 君と」の撮影にアイスタが使われています。

エスパサポーター(エスパルスサポーター)としては「アイスタの中を散策できるPV」として思わずあちこち「こうなってるんだ~」と細々みてしまいます(笑)。

 

「富士山と海が見える」サッカースタジアム


 静岡といえば富士山。

静岡県のひとは富士山を「見るもの」ではなく「そこにあるもの」として扱うという話を聞いたことがありますが、晴れた日にはホーム側から富士山と海がとっても綺麗に見えます。緑のピッチにスタンド席、そしてそこから覗く美しい富士山。写真に収めたくなる光景の一つだと思います。

 ビジター側だと位置の都合上見れないものの、東サイドスタンド(ビジター席側)とバックスタンドの通り道から見える富士山を写真におさめてる方や、西サイドスタンド(エスパルス側)でピッチと合わせて写真を撮る方をよく見かけます。

 

アイスタ来た時は忘れずに撮影しましょう!アイスタで見る富士山はいいぞ

ちなみにアイスタはポケモンGOではジムになっています。パルちゃん(清水エスパルスのマスコット)が小ネタにする程度にはポケモンも出ますので、ポケモントレーナーの皆様是非どうぞ(笑)

S__9248773

 

ベストピッチ賞受賞の多さは伊達じゃない!「世界で一番芝」

 

 アイスタといえばベストピッチ賞の受賞回数がめっちゃくちゃ多い。最初に受賞したのは2004年。08年~15年と連続受賞を続けています。

このベストピッチ賞をもらう前、当時の監督であるアルディレスやペリマンに相当注文をつけられてから、グラウンドキーパーであるグリーンマスターズ清水の佐野社長の考えが変わったとか。「静岡大好き。しずふぁん!!」さんのインタビューによるとアイスタのピッチは世界で一番芝が短いそうです。

【世界一短い日本平の芝】
芝が長い・短いでプレイは大きく変わります。だから僕らは1ミリ単位で計算しています。
数ミリ違うと、選手の疲労度も変わります。
日本平は世界で一番短いと思いますよ。短いと芝は傷みやすいんです、だから管理が難しい。
よそのキーパー(芝管理)が見ると必ず唖然としています。

日本平のグラウンドキーパーに迫る/静岡大好き。しずふぁん!!(http://www.shizufan.jp/netamap/chubu/95049/)より引用

 

 徹底した管理がされているからこと美しい緑のピッチを見られます。他所のサポーターさんが「アイスタのピッチって綺麗だね!」っていってもらえるたびに誇りに思います。素晴らしいピッチで素晴らしいプレーが見れる、応援できるって幸せだなー!勝ち点3もほしいなー!!(笑)。

 

和みすぎるマスコット。「こパルちゃん」を探せ!

 エスパルスのマスコットキャラクターというと「パルちゃん」そして近年彼の彼女として登場した「ピカルちゃん」なのですが、彼らとは違う「こパルちゃん(サポからは「こパル」と呼ばれています)」についても簡単にご紹介。

「何者ですか?」と聞かれると正直「パルちゃんと同居してる、しっかり者の妹的存在」ということしかいえませんが、彼らはサービス精神旺盛で2匹揃っているとわちゃわちゃしてるのが完全に和み。こパルちゃんに関してはお腹の中身には夢と希望が詰まっています。食いしん坊だからしょうがない。

勝ちロコで4匹が並ぶと壮観と言わざるを得ません。パルちゃんずのスポンサー紹介で「プーマ」のポーズはひたすら可愛いです。グリーディングでのあざとさもさることながら、癒やされます。

ちなみにヒーローインタビュー時にテセ選手のお子さんの面倒を見ているこパルちゃんが目撃されていますが、和み光景以外の何物でもなかったです。

ラドンチッチJrのときも思いましたがこパルちゃんたちは面倒見がいいようです。可愛い+可愛い=楽園ですね。

 

記念に“おりがみ”を持って帰ろう!

 アイスタで試合をするとき、「清水エスパルスおりがみボランティア」さんによる折り紙がビジター入り口等で置かれております。

この折り紙、毎回試合ごとにきちんと違っていて、折り紙の中に書かれた手紙の内容も当然違います。その時・その対戦相手とじゃないともらえないちょっとしたレアなものです。

なので、他所のサポーターさんで「アイスタには行けないけど、どうしても欲しいので次のこっちのホームの時にもらえないだろうか」というやり取りなんかも見かけます。

エスパルスサポーターの方も持って帰っている方もたくさんいます。

一つ一つ丹精込めで折られた折り紙なので、是非記念に持って帰って行って欲しいです。

 

Jam9はすごいぞーかっこいいぞー

 

 エスパルスの公式応援ソングを歌ってくれているJam9さん。兄弟+DJの組み合わせの三人組グループです。

時々、試合前の入場口横に来てくれていたりパフォーマンスを披露してくれています。

メジャーデビューしてるし作曲家としてAAAの楽曲でレコ大優秀賞貰ってたりすごい人たちなのに応援するときは本当に馴染むように応援してくれます。

 

2016年開幕の時は「新しい一年だからこそ、ここからだからこそ初日から来たいとお願いしてやって来ました!」という熱い思いを語っています。エスパルス応援ソングももちろんありがたいですが、チームを応援してくれる姿勢に頭がさがるばかりです。ゴール裏で一緒に応援してくれることも多いです。

ちなみに先日のヴェルディ戦ではJam9イベントでノリノリなこパルちゃんとヴェルディくんが目撃されています。体育座りで真剣に聞いてくれるロアッソ君もいました。

そんな現場が見れる、それがIAIスタジアム日本平!!

 

スタジアムガチャ!

 

他にも、エスパルスでは毎試合ごとにガチャガチャが用意されています。大人も楽しめるオトナガチャと普通のガチャガチャと2種類!ガチャガチャの内容はその時々で違いますがエスパルスサポーターがずらりと並んで何台もあるガチャガチャに小銭を入れて回しています。

当たりが出たらサイン色紙ももらえるということでアイスタでは長蛇の列にいつもなっています。

 

ということで見て楽しい、行って楽しいアイスタまとめでした。

「アイスタめっちゃ遠くない!?」と言われたら本当遠い…ごめん…といわざるを得ない…。でも、確かに遠いんですが、遠い分だけ、たどり着いたときに見える景色は素敵なものです。

ちなみに、アイスタは駅からシャトルバスが出ています。距離が大分あるためシャトルバスでの移動がおすすめです。

是非一度アイスタに来て、サッカーとアイスタを一緒に楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

About setsuna

setsuna
せつな:親の影響で気づいたらチャントを歌ってた清水エスパルスのサポーター。ホームがアウェイレベルに遠いけど、自分のできる範囲で楽しんでます。常にゆるく、楽しく。 食べ歩きをしたり、旅行したり、二次元も三次元も楽しんだり、毎日が楽しい今日このごろです。

Check Also

サガン鳥栖移籍が決定。ビクトル・イバルボのここを見ろ

サガン鳥栖移籍が決定したビクト …