Home / DEAR / “Why J-League?” 外国人Jリーグファンに聞いてみた/フィンランド出身・アリスさん(セレッソ大阪)

“Why J-League?” 外国人Jリーグファンに聞いてみた/フィンランド出身・アリスさん(セレッソ大阪)

イングランド、スペイン、ドイツなど、海外サッカーを好きなひとは多いのではないだろうか。しかしよく考えると、外国人にとってはJリーグも海外サッカー。私たちが海外サッカーに熱狂するように、Jリーグに熱中する外国人のサポーターもいる。

今回話を聞いたのは、フィンランド出身のセレッソ大阪サポーター、アリスさん。

第一回のスチュアートさんはスタジアムにも赴く筋金入りのサッカーファンだったが、今回のアリスさんはサッカーの魅力に出会って間もない女性。国費留学生として、大学で日本語と日本文化を学んだ彼女は、どのようにセレッソというチームに出会ったのだろう?

 

イケメンは海外でも強い?

 

ーー日本のサッカーとの出会いはいつでしたか?

最初は2006年、ドイツW杯のときですね。テレビで日本代表の試合を家族と一緒に観戦して、好きになりました

ーー日本代表の試合に出会ったのは、偶然ですか?

その頃、既に日本語や日本文化に興味があったので、日本代表も見てみたいなというところがスタートですね。ちょうどW杯もやっていたので、軽い気持ちで観戦したのをきっかけにハマってしまったというか

ーーその頃の日本代表で、特に好きな選手はいましたか?

やっぱり、中村俊輔選手とか、あとは内田篤人選手ですかね。内田選手は、顔が綺麗で可愛いなと思って…。

ーー内田選手は海外の人から見てもイケメンなんですね…(笑)。海外ではガッチリしたタイプが人気なのかと勝手に思い込んでいました。

 

セレッソ大阪に惹かれたきっかけ

 

ーー日本代表からセレッソ大阪というチームに惹かれるきっかけは、何かありましたか?

3年くらい前に日本のバラエティで、柿谷や山口が出ていて。面白いチームだなと思ったのが、きっかけでした。その頃は「セレ女ブーム」もあったし、香川や乾、清武は代表でも知っていたので。多くの代表選手を輩出していて凄いチームだな、と思いました。海外で活躍する選手も、多くいたので。

ーーその後にセレッソの試合を観て、更に深くハマっていったという感じですか?

そうですね、攻撃的でテクニックがある選手が揃っていて。個性的な選手が揃っていたのも魅力的でした。その頃はサッカーにはそこまで詳しくなかったんですけど、それでも『面白いな』と思わせる何かがありました。それから、少しずつサッカーの勉強をするようになりました。

ーーセレッソの中で、印象的な選手はいますか?

柿谷と、韓国代表でも活躍しているキム・ジンヒョン。扇原、南野、山口…沢山、印象的な選手がいましたね。ベテランなんですけど、酒本選手も好きです。最近、ちょっと出番が少ないのが寂しいですね。

ーーいま注目の、若手選手も教えてください。

秋山大地選手と、丸岡選手です。まだAチームのレベルでは無いけど、1年ぐらい試合に出て成長して欲しいなと思っています。

ーーユニフォームに、名前を入れたい選手はいますか?一番のお気に入り、になるのかなと思いますが。

ユニフォームはまだ持っていないんですが、買うことを考えています。今だと、柿谷がやっぱり一番かなと。セレッソに戻ってきてくれたので。それか、酒元選手ですかね」

ーー2014年には、ディエゴ・フォルランの獲得でも話題になりました。彼が来たときは、どんな印象でしたか?

来たときはとっても嬉しかったんですけど、セレッソはフォルランと噛み合わなかったのかなと。在籍中には監督も何度も変わってしまいましたし…。

ーーフィンランドにいるときも、セレッソのSNSなどはチェックされていましたか?

そうですね。やはり、Twitterを見ることが多かったです。インスタグラムも、たまにチェックしていました。一時期は情報の配信がちょっと少なかったんですが、今は練習も結構配信してくれていて嬉しいです。後は、選手のブログがもう少し積極的だと嬉しいかなと。

ーーセレッソ大阪のグッズで、お気に入りのものがあれば教えてください。

パーカーと、クリアファイルと、携帯のストラップを持っています。パーカーが一番お気に入りで、冬は愛用していますね。ピンクが可愛くて。ピンクのユニフォームとかって、凄く珍しくて惹かれました。

ーー色とかって、やはり意識するものなんですか?

そうですね。女性はやっぱり最初に、見た目から入ると思うので。

ーーちなみに、Jリーグの試合は観戦したことありますか?

まだ、一度も無いんです。周りの友達があまり行かないので、1人だとちょっと楽しめないかもしれないなと思って。

 

フィンランドのサッカー熱

 

ーー日本に来てみて、フィンランドにいたときとイメージが変わったことはありましたか?

日本のスポーツバーでの代表戦の盛り上がりを見て、思っていた以上にサッカーの人気があると感じました。フィンランドではサッカーの人気はそこまで高くないので。何度も世界一になっているアイスホッケーが一番人気で、やっぱりウインタースポーツが強いですね。

ーーフィンランドでは、サッカーを観に行かれたりしていましたか?

田中亜土夢選手が来たので、ヘルシンキの試合を見に行きました。フィンランドの選手は体格が良い選手が多いですが、田中選手は小柄ですよね。スタジアムでも非常に動きが素早いので、スタンドからでもすぐにわかりました。試合でも活躍していて、嬉しかったです。フィンランドでも、とてもに愛されている選手ですね。

ーーフィンランドで見てみたいな、と思う日本人選手はいますか?

杉本健勇選手がヘルシンキに来る噂が出たときは現地でもニュースになったし、凄くびっくりしました。来てくれないかな、と思っていたのですが…実現はしなくて残念でした。

 

海外サポーターを取り込むヒント

 

ーーJリーグが海外のサポーターを取り込むために、これがあったらいいなと思うことってありますか?」

海外に行っている選手が、自分のブログとかで地元のチームをアピールするのが一番簡単な方法なのかなと思います。後は、多言語でのSNSの運用も必要だと思いますね。セレッソは英語版もあったりしますが。

ーーなるほど。SNSはどんな内容が嬉しいですか?

そうですね、写真は多い方が嬉しいかなと。後は、ホームタウンの紹介もあると面白いと思います。そこの名物とかを、選手が食べているところとかも面白いかも。

ーーあると嬉しいイベントなどありますか?

選手に直接会えるようなイベントがあったら、嬉しいです。特に女性向けのイベントは、積極的にやってほしいなと思います。後は、ユニフォームのレンタルがあったらなと思います。最初はユニフォームを持っていないと思うので、借りていけば仲間意識が出るので楽しめる。やっているクラブもあるのですが、もっと広がれば良いなと思います」

ーー特に海外からの観光客や初心者向けのレンタルは面白そうですね。何も持って行かなくても、ファンと一緒に盛り上がれますし。そのまま試合後にユニフォームを買ってくれる人もいそうです。日本のサッカー観戦と、海外のサッカー観戦との違いで思いつくことはありますか?

浦和レッズのように熱狂的なサポーターが多いクラブもありますが、全体的なイメージとしては女性が多くて安全で、礼儀正しいイメージが強いです。一方で、ブンデスリーガとかと比べると熱狂的な雰囲気という点で少し異なるかもしれません。

ーーJリーグの魅力として、安全で健全なスタジアムをアピールするのか、熱狂的な部分をアピールしていくべきなのか、というのは難しいところですよね。安全さ、というのは大きな武器になる気もしますが、人を呼ぶには熱狂も必要だと思うので。

最終的にはバランスをどうやってとるか、というところですよね。ルールの中で試合中は熱く、外では安全に。日本のサポーターの方たちはゴミもしっかり捨てるし、マナー面というのは世界中でもトップレベルだと思います。そういった面に加えて日本のサッカーの熱狂的な側面も、もっとアピールしていけると面白いかなと思います」

 

 アリスさんは、セレッソ大阪のユニフォームを買いに行くのが楽しみだという。現在はフィンランドに帰国しているが、再び日本に戻ってくることも選択肢の中には入っているよう。セレッソの試合を実際に観戦したとき、彼女はどんな表情を見せてくれるのだろう。全身をお気に入りのピンクで包んでチームを応援する姿は、きっとスタジアムを彩るはずだ。

Photos by Misaki Hagita (Doppietta- Tokyo)
HP: http://doppietta-tokyo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

About yuukikouhei

yuukikouhei
結城康平: DEAR Magazine 編集部で「KNOW」カテゴリ中心に編集、企画担当。やりたい事だけは沢山あるので、Dear Magazineと共に色々なことに挑戦していきたい。ジャンル問わずなんでも書く系。サッカー批評、Qolyなどに寄稿経験有り。今一番欲しいものは、新しいノートパソコンと可愛い小動物を飼える環境。好きなアーティストはエジンバラ出身のBlue Rose Code。

Check Also

アントラーズ狂が教える、鹿島アントラーズ選手紹介【2017年版】

Jリーグもついに2017シーズ …