Home / DEAR / 「99.9999%不可能」から出来たスタジアム/僕らのスタジアム自慢 〜県立カシマサッカースタジアム(鹿島アントラーズ)〜

「99.9999%不可能」から出来たスタジアム/僕らのスタジアム自慢 〜県立カシマサッカースタジアム(鹿島アントラーズ)〜

 

鹿島アントラーズのホームスタジアム、県立カシマサッカースタジアム(以下カシマスタジアム)。日本では数少ない「3万人以上を収容するサッカー専用スタジアム」であり、日韓W杯でも使用されました。今年11月には12年ぶりに日本代表戦も開催されるカシマスタジアムの魅力をご紹介していきます!

 

「99.9999%不可能」から出来たスタジアム

 

  アントラーズがJリーグ参入に名乗りを上げた当時、Jリーグチェアマンである川淵三郎氏からは、このスタジアムの実現は99.9999%不可能」とまでいわれます。

その理由は、アントラーズの前身である住友金属が当時の日本サッカーリーグ(JSL)2部所属だったこと、ホームタウンの規模の小ささから、参入に否定的な意見が多かったためです。

ただ、その時に出された0.0001%の条件が、「屋根付きの15000人収容のサッカースタジアム」でした。ここに望みをかけた住友金属は茨城県の協力も得て、当時では最先端となるサッカー専用スタジアムをわずか1年で完成させ、Jリーグ初年度からの加盟に成功し、鹿島アントラーズが設立されます。

スタジアムはその後、日韓W杯の開催に合わせて増築され、今のカシマスタジアムになりますが、この話の通り、現在のアントラーズの歴史はこのカシマスタジアムなくしてはあり得なかったのです。

鹿島アントラーズ誕生物語
http://www.so-net.ne.jp/antlers/clubs/birth_story.html

 

大規模なサッカー専用スタジアムだからこその多様な観方

 

 カシマスタジアムは何度も触れたとおり、サッカー専用スタジアム。なので、どこから観ても見やすさは抜群!1階席の前段の方で見れば、テレビでは味わえない臨場感抜群の景色が広がってきます!選手や監督の声もバッチリ聞こえてきますよ!

また、2階席での観戦も魅力。1階席に比べれば空いていることが多いので、席取りの心配をする必要がないですし、チケットのお値段も良心的。屋根があるので雨の心配もないですし、ピッチ全体を広く見渡すことが出来るので、ボールの動きや選手のそれぞれの細かな動きもしっかりチェックすることが出来ます。

 

JリーグNo.1のグルメスタジアム!

 

 カシマスタジアムはJリーグでも数少ない「スタジアム内でガスが使えるスタジアム」。消防法をクリアしているため、どの売店でもいつでも出来たてアツアツの状態で商品を提供することが出来るのです。

また、売店の数も多くその分お店ごとの競争も激しく、どのお店も自慢のスタジアムグルメ(以下スタグル)であなたの胃袋をがっつり掴んで離しません)。

有名どころで行けば「もつ煮」「ハム焼き」は多くのメディアで取り上げられるほどカシマスタジアムの代表的なスタグルとなっていますが、アントラーズサポーターはそれぞれでお気に入りのお店やお気に入りの一品があるように、ここでは取り上げきれないほどスタグルは多種多様。ぜひ、あなたも自分だけのお気に入りを見つけてみてください!(※写真はほんの一例です!)

鹿島アントラーズ公式HP スタジアムグルメ案内
http://www.so-net.ne.jp/antlers/guide/gourmet.html

 

歴史を感じろ!スタジアム併設のミュージアム

 

 カシマスタジアムには「カシマサッカーミュージアム」という博物館があります。スタジアム併設のクラブミュージアムがあるのは、日本ではこのカシマスタジアムと新設された市立吹田サッカースタジアムのみ。いわばスタジアムミュージアムの元祖であるのが、このカシマサッカーミュージアムなのです。

ここでは、アントラーズの歴史はもちろん、カシマスタジアムでも開催された日韓W杯にまつわる多種多様な展示物が飾られています。また、タッチパネルではアントラーズの過去の試合映像を見ることも可能。アントラーズサポーターなら1日じゃ足りないレベルでアントラーズに触れることが出来ます!(笑)

試合のない日にはスタジアムの普段は入れない裏側を巡ることの出来るバックステージツアーも開催してるので、試合日以外も楽しむことが出来ます!

<開館時間>
10:0016:00
※試合日などは開館時間が変更になります。

<入館料(記念パス付き)>
大人:300(税込)/小中学生:100(税込)
http://www.so-net.ne.jp/antlers/museum/

 

サッカーだけじゃない!試合日以外も来る価値あり!

 

 カシマスタジアムは試合日以外もスタジアムを訪れる人が多いです。それは前述のミュージアム以外にも、アントラーズが様々なスタジアム事業に取り組んでいるから。

夏場はスタジアムのコンコースを使って、ビアガーデンを開催。美味しいグルメと飲み物を楽しめるのはもちろん、アントラーズのアウェイゲームの際にはパブリックビューイングも開催しています。

 

 

また、アントラーズが取り組んでいるのが健康事業。スタジアム内には「カシマウェルネスプラザ」という健康増進施設が併設されており、アントラーズの選手も使う最新の機器を使いながら、プロのトレーナーがそれぞれの目的にあったプログラムを用意。健康をサポートしてくれます。

他にも、お肌のケアをしてくれる「アントラーズスキンケア」や、アントラーズの選手も診察を受けているドクターが診てくれる整形外科、さらにアントラーズの元トレーナーの方が経営するマッサージ院がスタジアムの敷地の中に揃っています。特にマッサージ院は試合日になると、コンコース内にも診療所をオープン!試合前にプロのクイックマッサージを受けることが出来ます!

 

 

 

いかがでしょうか?少しでもカシマスタジアムの魅力が伝われば幸いです。

カシマスタジアムは首都圏にあるとはいえ、東京から約2時間とかなり遠く辺ぴなところにあるのは事実です。それでも、カシマスタジアムにはそれだけの時間とお金をかけてくる価値のあるスタジアムだということは、間違いなくお約束できます!試合日には東京駅等から便利な直行バスも出ているので、是非そちらなども活用して、カシマスタジアムに足を運んでみて下さい!

<東京駅カシマスタジアム ルート案内>
http://www.so-net.ne.jp/antlers/access/antonnavi.html

観戦のお供にチャントガイドも是非!

 

<インフォメーション>

茨城県立カシマサッカースタジアム
http://www.so-net.ne.jp/antlers/kashima-stadium/
電話番号:0299-84-6622
住所:〒314-0007 茨城県鹿嶋市神向寺後山26-2
収容人数:40830人
トイレ:
場内 2階コンコース 男性用:12箇所、女性用:10箇所
場内 3階コンコース 男性用、女性用 各4箇所 車いす用:2箇所
場内 1階 車いす用 6箇所
場外 男性用、女性用 各4箇所
車いす用席:140席
Wi-Fi:docomo wi-fi、au Wi-Fi SPOT、UQ WiMAXあり
グッズショップ:場内2階コンコースに4箇所、3階コンコースに2箇所。クレジットカード使用不可、Edyでの支払いは一部売店で可能
※一部飲食売店では交通系ICカードも使用可能
ペットボトル:500ml以下のもののみキャップを外して持込可。スタジアム売店でもキャップを外しての販売。
その他設備:カシマサッカーミュージアム(上記参考)、2階コンコースに授乳室設置

Photos by Takegola

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

About takegola

takegola
タケゴラ: 鹿島アントラーズサポーター。東京都出身。鹿島との出会いは2000年の開幕戦を国立競技場の現地観戦、日韓W杯で本格的にサッカーにハマり鹿島サポーターの道へ。サッカーのあらゆることに興味あり。鹿島以外にもJ1・J2・J3・大学・高校と暇を見つけてはあらゆる試合を現地観戦している。2013年12月からはブログ「タケゴラ」を開始。鹿島のマッチプレビューやマッチレポートなどを掲載している。

Check Also

サガン鳥栖移籍が決定。ビクトル・イバルボのここを見ろ

サガン鳥栖移籍が決定したビクト …