Home / NEWS / Jリーグクラブ社長、現役競輪選手に挑む
レノファ山口公式Twitterより
レノファ山口公式Twitterより

Jリーグクラブ社長、現役競輪選手に挑む

現役競輪選手に、元Jリーガーであるレノファ山口の社長が競輪で挑む。


11月26日(土)の13時頃から、山口の河村孝社長と現役競輪選手の清水裕友選手によるスペシャルレースが行われる。

このレースは、2016年11月25日(金)~27日(日)に防府競輪にて開催される「モーニングケイリン 山口新聞社杯/レノファ山口カップ(FⅡ)」の開催を記念して行われるもの。河村社長は一周、清水選手は一周半を走り、どちらが先にゴールするか競う。

レノファ山口社長 河村考

河村社長は1968年生まれの48歳。横浜フリューゲルスに所属していた元Jリーガーだ。現役引退後は若年層の指導を行っていたが、2012年に山口の監督に就任。GM職を経て2013年に社長に就任すると、山口はJ2まで一気に駆け上がった。クラブ改革を成し遂げたやり手の社長といえるだろう。

競輪選手 清水裕友

一方迎え撃つ清水裕友選手は山口県出身で、1994年生まれの22歳。競輪選手における、上位から3つ目のクラスであるS級2班に所属する若手のホープだ。直近のレースでも1着を取っている。



このレースの結果を予想し、その選手が勝利すると、レース終了後にレノファグッズやお菓子などの景品がもらえるキャンペーンや、防府競輪での車券の買い方などを教えてくれる初心者向けツアーなども開催される。

当日は山口のマスコットキャラクターであるレノ丸も来場予定とのこと。河村社長は、集まったサポーターの前でいいところを見せられるだろうか。

レノファ山口公式
http://www.renofa.com/archives/17625/

防府競輪公式
https://www.hofukeirin.jp/


レノファ山口サポーターのJさんによるチャントガイドはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

About DEAR Magazine

DEAR Magazine
DEAR Magazine編集部:Jリーグはじめ、日本のコンテンツをメインに、カルチャー、ビジネス、ローカルやひと、サッカーからはじまるあらゆるストーリーを横断的に発信します。日本サッカーをグロー バルコンテンツに押し上げ、サッカーを生活の様々な隙間に根をはる存在にしたい。「サッカーがあなたの文化になる日」のきっかけを目指す、フットボールカルチャーマガジンです。順次多言語対応予定。

Check Also

サガン鳥栖移籍が決定。ビクトル・イバルボのここを見ろ

サガン鳥栖移籍が決定したビクト …