Home / ASIA / カタール、アジア支配に向かう「黄金世代」の裏側

カタール、アジア支配に向かう「黄金世代」の裏側

 

今夏閉幕したリオ・オリンピック。そのアジア予選で、出場は叶わなかったものの、輝きを放ったチームがある。オリンピックアジア予選、カタール対イランを「最も成熟した試合」と語る理由とは。(*本記事は2016年3月3日に配信された。)

 

まるで、ヨーロッパの育成年代の試合を見ているようだった。

バルセロナの様にラインを上げて、積極果敢にプレッシングを仕掛けるイラン。綺麗にゾーンを組んだ欧州的なブロックで待ち受け、そのまま高いラインの背後を狙うようなカウンターを狙うカタール。両チームの「10年後の理想形」が見えるような戦いは、育成年代の試合として理想的だっただけでなく、今回のアジア予選で最も成熟した試合だった。「オリンピックアジア予選でのベストゲームは?」と尋ねられれば、私は迷いなく「カタール対イラン」と答えるだろう。

勿論、素晴らしいプレーを見せてオリンピック出場を決めた日本代表や韓国代表、イラク代表も称賛されるべきだ。しかし、カタール代表はオリンピック出場を目前で逃したにも関わらず、最も衝撃的なチームだった。今回は「黄金世代」を生んだカタールが力を入れるフットボール育成を探ってみたい。

世界に通用するフットボーラーを生む「エリート養成施設」


 
Aspire Academy (アスパイア・アカデミー)。カタール代表の躍進 を語る上で、このアカデミーに言及しないことは不可能だ。「大志を抱く学校」と訳すことが出来る育成施設が生まれたのは2004年。潤沢な資金を持つカタールの投資によって作り出された、最高のスポーツ選手育成機関だ。メッシやペレなど、錚々たる面子と関わりを持つこの組織は、カタールの「黄金世代」の大半を生み出している。実際、2014年に初めてアジアの頂点に立ったU-19チームはメンバー全員がアスパイア・アカデミーの出身者だった。

 現在カタールの強豪アル・サッドでプレーする元バルセロナの心臓シャビは「アスパイア・アカデミーのプロジェクトは素晴らしい。ここの施設は、世界でも最高のものだ。世界で様々なグラウンドを見てきたが、圧倒的だ」と語る。既にシャビは、アスパイア・アカデミーでU-23チームの指導にも携わっている。国内の強豪クラブが獲得した選手が、代表チームの指導にも携わる。理想的ではあるが、実現させるのは簡単ではないはずだ。

 例えばJリーグにリュングベリやフォルランがやってきたとき、彼らが日本代表のユースを指導することは難しかったはずだ。カタールは、国ぐるみのプロジェクトによって不可能を可能にした。監督や指導者という夢を持つシャビは、「ここでの指導経験は、将来に生きるはずだ」と目を輝かせる。アスパイア・アカデミーにとってもシャビにとっても、損になることはない。


 
18歳以上の選手を、提携しているヨーロッパのクラブに送り出して経験を積ませるプロジェクトも行っている。韓国代表が、スウォンジーでプレーするMFキ・ソンヨンを欧州修行によって育て上げたように、彼らは欧州の教育によって優秀なフットボーラーを育て上げた。


 日本代表の本田圭佑は、「日本代表選手の海外への門戸を広げる」ことを
1つの目的としてSVホルンを買収し、ユース事業にも積極的に関わっている。彼が目的とすることを「国」がやってしまっているのがカタールだ。圧倒的な資金力とコネクションは、本田圭佑が個人で目指している事を巨大なプロジェクトに変えた。ベルギー2部のK.A.S. Eupen、スペイン3部相当のCultural y Deportiva Leonesaをアカデミーが買収。2つのクラブでは黄金世代の主軸が腕を磨く。シャビも、アスパイア・アカデミーの選手の成長を確かめるためにベルギー2部の試合を定期的に観戦しているという。ヨーロッパのクラブやアカデミーとのコネクションも持つため、特に優秀な選手は欧州のユースへと送り出される。カタールの投資家が保有するパリ・サンジェルマンも、キャンプでアスパイア・アカデミーを訪れた。

 

徹底的な「スペイン流」 


 バルセロナの育成を最も知る男であり、最高傑作として知られるシャビ。彼をユースの指導に関わらせていることは、決して偶然ではない。アスパイア・アカデミーは、徹底的にスペインの指導者を集めている。ユース部門のトップにはレアル・ソシエダで指揮官経験のある
Roberto Olabe。コンディションコーチなども、スペイン人が揃う。


 U-19
代表時代から黄金世代を指導し、そのままU-23代表を率いたFelix Sanchezは、元バルセロナのコーチだ。全ての指導者がスペイン系という訳ではないが、そこにはある程度の一貫性が見られる。様々な国からコーチを集めるという訳ではなく、一貫性を持つことは重要なテーマの一つだろう。シャビの兄弟もアカデミーで働いているとのことで、スペイン色が濃い。実際、カタール代表は非常にボール扱いに優れた前線の選手を揃えていた。


 エースとして活躍した
Akram Afifはオフ・ザ・ボールでの飛び出しでも違いが作れるドリブラーで、ビジャレアルやセビージャのユースでも活躍した。スペイン3部のCultural y Deportiva Leonesaなどでプレーする経験がある選手が多いことは、スペイン人指揮官とコミュニケーションする上でも大きなメリットになるだろう。U-23チームのキャンプもスペインで行うなど、彼らとスペインの結びつきは強い。カタールの黄金世代からリーガ・エスパニョーラでプレーする選手が生まれることも、夢物語ではない。

 

アスパイア・アカデミーの本当の狙い


 アスパイア・アカデミーは、セネガルやアジアにも拠点を置いており、そこでも選手のセレクションなどを行っている。様々な国で優秀な才能を集めていることで、「若い選手を帰化させて代表にしようと考えているのではないか」という指摘もある。ただ、この噂はカタールサッカー協会が公式に否定。様々な国で選手をスカウトしていることが、
W杯を開催する上の投票にとって大きな助けになるのではないかという噂もある。


 そのように、大きな資金を投じたアスパイア・アカデミーには黒い噂も絶えない。しかし、元々カタールは移民が国民の
783%を占めるほどに多い。海外にルーツがある選手が多くなることも、そういった背景を考えると不思議ではない。A代表にとって即戦力となる選手を帰化で補充することが繰り返されると問題になるだろうが、移民にルーツを持つカタール生まれの選手を代表に選出する事は合法だ。


 実際、
FIFAが監視を強める今、帰化による強化は簡単ではないだろう。むしろ、幾つかの記事をチェックした結果、彼らの狙いはそこにはないことに気付いた。恐らく、彼らの狙いは「アスパイア・アカデミーが育てた多くの選手を彼らの息がかかったクラブに送り込み、ビッグクラブに売り払うビジネスを作り出すこと」にある。

 セネガルのアスパイア・アカデミーは、マンチェスター・ユナイテッドユースを破るなど躍進を見せており、世界中のスカウトの興味を惹いている。アスパイア・アカデミーという名をユースの大会で売り、アジアやアフリカの原石をヨーロッパの指導法で育て上げる。彼らが狙うのは代表の強化だけにとどまらず、ビジネスとして利益を生み出すことなのではないか。元バルセロナのスカウト、メッシの発見に貢献したと言われるJosep Colomerがアスパイア・アカデミーで専属のスカウトとして働く今、彼らは欧州のトップクラブと変わらないスカウト網を持っている。


 アスパイア・アカデミーの頭脳とも呼ばれている
Sheikh Jassim bin Hammadは、「確かにカタールが今まで、資金力を武器に帰化戦略を取ってきたのは事実です。しかし、今アスパイア・アカデミーが行っているプランは長期的なものです。私たちは、スポーツ界での革命を目指して投資を行っております」と述べた。


 移民が多いということもあり、カタールサッカー協会は海外の指導者が持つ知見を尊重する。彼らはカタール人の指導者が十分な経験を持っていないことを理解しており、海外の指導者を歓迎する傾向にあるのだ。元リバプールの名指揮官ジェラール・ウリエが「フットボーラーを育てるだけでなく、素晴らしい教育施設でもある」と絶賛したアスパイア・アカデミーが生んだ黄金世代は、オリンピック出場を逃したくらいで価値を失うことはないだろう。欧州に今後も散っていく彼らは、経験を積んで大きく成長していくはずだ。
10年間近い計画が実を結びつつある今、アスパイア・アカデミーが継続的にチームを強化していくことが出来たら。アジアの覇権争いをリードすることは、彼らにとって最早夢物語ではない。

 

Photo on top via ©iStockphoto.com/typhoonski

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

About yuukikouhei

yuukikouhei
結城康平: DEAR Magazine 編集部で「KNOW」カテゴリ中心に編集、企画担当。やりたい事だけは沢山あるので、Dear Magazineと共に色々なことに挑戦していきたい。ジャンル問わずなんでも書く系。サッカー批評、Qolyなどに寄稿経験有り。今一番欲しいものは、新しいノートパソコンと可愛い小動物を飼える環境。好きなアーティストはエジンバラ出身のBlue Rose Code。

Check Also

「知っているようで知らない」隣人、オーストラリア代表。W杯アジア予選最大のライバルを知ろう

Photo on top cr …